縮み勝つ

レートの闇に呑まれた twitter:@p2tyt

後輩が女の子のフェラでイった翌日ぼくが男にキン○マを死ぬほど揉みしだかれた話

ポケモンしてなかったら記事を書くことがなかったのでなんかネタ欲しいな~と思ってたらタイトルが降ってきた
内容は長め


昨夜の夜勤バイト中
ぼく「なんかキンタマの右上膨らんでんな、またやん」


去年8月ぐらいから時々脱腸(※1)して何度か病院に通ってたけど手で押したら戻ってたので今回も押し戻した
なったことある人と医療関係の人しかわからなさそうだけど位置的にキンタマの付け根と棒の間を押すと腸の位置が戻ります



そのあと業者からの荷物を整理中にまた膨らむ(お腹に力を入れると脱腸しやすい)
先輩にすみませんと声をかけてバックルームでまた押してみる


「は?なんか感触めっちゃ固いし戻る気配ないねんけどあかんってやばいやばいとりあえずちょっとでも業務進めてから時間とってやろう」

作業に戻る
「あかんってこれめっちゃ腹痛いやんなんか吐き気もしてきたむり」
トイレにこもる。1回休み


「うーーーん戻らなさそうやなあ…とりあえずもうちょっとで作業終わりそうだから顔出して先輩に話すか」
立ち上がって歩いたらめっちゃ痛かった。

ぼく「こうこうこういう理由でめっちゃ痛くてキツイっす」
先輩「いや病気でヤバイの分かってるなら救急車呼べや」



こうして初めての119から初めての救急車搬送を経験
緊張なのか出てきた腸が前立腺刺激してんのかわからんけどちんちんがたった


病院に到着。何個か質問されたけどたったちんちんをおさめることに必死でちゃんと話聞いてなかった

お医者さん「すみませーんちょっとパンツずらして様子見せてもらいますねー」
ぼく「あっはい…(半勃起)」
パンツズリーチンポポーン(パンツに引っ掛かったあと反発した音)


近くに女の看護師さんが複数いてとてもつらかった
ここでその中の一人が保育園のときの知り合いに似てることに気付き焦る


処置始まり
医師、お腹押されたり押して腸の位置を戻そうとする
戻し方は冒頭の通りなのでめっちゃキンタマを揉まれる


医師「なかなか戻らんなあ…痛いですか?」
ぼく「とても痛い」

出てる部分がお腹の脂肪とかを引っ張って痛むらしい
10分ぐらいやって一旦休憩、CTとレントゲン撮る


処置再開、またキンタマめっちゃ揉まれる

イッテー!!
痛さ、内側から圧迫される感じのもの。吐き気と冷や汗。唾、さらさらで尋常じゃない量。完飲



戻せなかったので一旦病室に送られて休み。緊急手術必要そうって話をされる
もう一回やっていいかなって聞かれる。やってもらう。
痛すぎて悶絶。激辛スープカレー食べた方がマシ(※2)


親が来て検査して手術。寝てたら終わった
起きた後トイレにいく。おしっこだしたらビビるほど痛かったので報告。
手術中チューブ入れてたからそのせいらしい。
アナニーは経験あったけど勢いで尿道も手だしとけばこの痛みなかったのでは?と後悔した


こんな感じでぼくの体はたぶん大丈夫です。しばらくお腹に力入れたらだめらしいのでキレて台パンしながら大声で叫べません。
退院のお祝いに準伝を恵んでください。おわり





※1 正確には鼠径ヘルニアというやつ

※2 スープカレー専門店マジックスパイス
本日は下北沢にあるスープカレー専門店、『Magic Spice』にやって来ました! 辛さは覚醒から虚空までの7段階! 初来店の人には涅槃(真ん中の辛さ)をお勧めしているみたいですが、ちょっと怖いのでその1つ下の悶絶にしてみました!